拝啓…

10年前の自分、29歳の堀川謙一へ。


貴方は6月に初めてのタイトルマッチを控えていました。

デビュー10年目を迎えていた貴方は「最初で最後、負けたら引退。」そんな覚悟でやってました。


彼女にフラレたばっかで息巻いてたよな。

でもね、負けちゃうよ。(笑)


そんな事言うと、貴方は鋭い目をして「絶対負けない。負けたら辞める。」って言うと思う。


でも、辞めない。


その覚悟はウソじゃないと思うけど、貴方はその後も何回も負ける。けど、全然辞めない。(笑)


一年後には東洋タイトルのチャンスが来る。ラストチャンスだ。

そのラストチャンスで人生初のKO負け。


痛烈に負ける。人も離れて本当にうちのめされるよ。


デビューは2000年。

当時のボクシングの常識っていえば30歳まで。

ちょうどデビュー後、丸10年の30歳。


普通に考えて、引き際。


だけど、そこからが始まりです。


その後、フィリピン、メキシコ、タイ。海外で試合をするなんて思ってもみなかった。


根性なしの貴方が挑戦した。


負けるけど、道は開かれる。


29歳の貴方に「10年後もやってるよ。」って言ったら絶望すると思う。


いや、そんな戯言信じないか。(笑)


言っといてやる。


女にはモテないよ。(笑)


でも、2年?3年後?には彼女はできるよ。

10歳上のバツイチ子持ちの彼女だ。


信じられないだろ?(笑)


でも、こないだフラレた彼女より良い女だから安心しろ。


その後も全然モテない。


でも39歳の今は11コ下の彼女がいて、結婚したいと思ってるよ。

なかなか相手が首を縦に振ってくれないけどな。


29歳の貴方も色々あったと思ってるみたいだけど、たかが知れてる。

これからも色々あるよ。

ちなみに37歳の定年を迎えてから移籍するからね。(笑)


びっくりするよな?信じられないだろ?(笑)


29歳の貴方は少し疲弊していると思います。


でも言っといてやる。


お前はあと10年以上ボクサーとして頑張り続ける。


ホントやんなっちゃうよな。(笑)


今、平成最後の日に、


六畳一間の部屋でラジオを聞いている。


なかなかラジオもいいぞ。(笑)


貴方にとっては戯言に聞こえる僕の人生。


信じられない事ばっかりだけど、

そう悪くもないよ。

まぁ、頑張れよ。
                    敬具


あでぃおす。

彼女にね、聞かれたんですよ。


「前の彼女になんて呼ばれてたん?」って。


でね、


「そんなん言うてええんか?」と、


「そんなん聞いたら気分悪するんちゃうんか?(笑)」と。


当たり前のように起こりうる、懸念される事態を回避すべく、いや…


少しでも心の揺らぎを軽減する為、被害を最小限に抑える為にも問うたわけです。


「じゃあ聞かんとくわ…」となる女ではない。そんな事は分かってます。


気になったら聞かないと仕方ない女なのです。


「言うてええんか?」「胸ちょっとキュッとなるんちゃうんか?」と僕は問うたわけです。


「ええよ。」と。「ならん。」と。


彼女はそう断言しました。



「ケンやで。」と僕は答えたわけですよ。


それを聞いた彼女は、


「胸くそ悪なった。」と。


なんなんですか。(笑)


「ほら見ろ。(笑)」「気分悪なる事聞くなよ。」と。


「聞きたいから聞いたんじゃ。ボケ。」と。


その後は「腹立つ。アホ。カス。ボケ。きらい。バカ。アホ…。」と。


そして、ラインブロックされました。


いったい私は何をしましたか?(泣)


この罠はどうやったら回避できましたか?


そんなこんなで、


穏やかなはずの日曜日が終わる。


あでぃおす。

報われない事はしたくないですよね。


優しい人にばかり悲しみが降りかかる、報われない事がここには多過ぎる〜♪


なんて歌いながら入場する私、堀川なのです。


そんな私、なんと2月の月間MVPを受賞しまして、昨日4/11の後楽園ホールで行われたダイヤモンドグローブにて表彰式がありました。


ずっと関西でやってきた私にとって、全く馴染みのない月間賞。


受賞の際にしなくてはいけないスピーチのプレッシャーに押し潰されて、考えては現実逃避して結局まとまらずに、当日の流れに任せようとホールに乗り込みました。


いざやってみるとスピーチってか、なんて事は無いほんの一言でいいんじゃん。(笑)


てっきり3分くらい喋んないといけないと思ってました。


逆に3分も喋ってたら引き摺り下ろされるわ!!(笑)

顰蹙ものの恥をかくとこでした。


おそらく何回かは見てるはずの月間賞の表彰式。


普段、どんだけ無感心になんとなく表彰式の時間を過ごしてたか気付かされました。

馴染みが無さ過ぎて、自分には関係ない物だと本当に思ってたという事ですね。


これからはちゃんと見て、受賞者のお話も聞こうと思いました。


しかしながら、一ヶ月以上前から何を喋ろうかと考えていた事。私の考えていた話。


日の目を見ないのも勿体無い。


気が向いたらブログに書こうかななんて思ったりしてます。


発表せずとも考えてるだけで自分にとっては意味があったり、再確認できた事もあり、受賞しなければ考えもしなかった事も。


当日は表彰式のせいで緊張していたせいか…、


いつもより感受性が高かったのか分かりませんが、


吉野チャンピオンから刺激をもらい、


他の試合からも感じる事が多く、


人の振り見て我が振り直せ。なぜか勝手に反省した一日でした。


我が三迫ジムからは四人が出場。

心底、トレーナーって大変な仕事だなと。


報われない事が多過ぎる。


逆だったら放り投げてるだろ?


はい。(苦笑)


ボクサーってホント愚かな生き物です。


自分はマシな方だとは思ってますが、


やり甲斐あるボクサーでいたい。


トレーナーの思いに報いたいと思ったりしました。


あでぃおす。

↑このページのトップヘ