三迫ボクシングジム所属、プロボクサー。
第38•41代日本ライトフライ級チャンピオン。
元WBOアジアパシフィック ライトフライ級チャンピオン。

2017年1月、ひっそり…こっそり…始めました。
見つけた方は、他言無用。ひっそり、こっそり覗いてください。m(_ _)m

鬼嫁ちゃん=彼女の事です。

畏怖の念を抱くべき「鬼嫁」という単語に「ちゃん」を付けてみた結果、とても可愛らしい響きになりました。不思議。

そんなコミカルで愛らしい響きの鬼嫁ちゃんなんですけれど、忘れてはいけないのは怒らせると手がつけられない正真正銘の鬼嫁であるということ。


近々、同棲が始まる予定です。


まぁ、ちょいちょいブログに書いて来た鬼嫁ちゃんの事なんですけど、

公にイチャつくなとか、惚気るなとか、色々意見はあると思いますが、うるせぇよ。と。

これがオレのやり方だから否定すんじゃねぇ。良いも悪いもねぇ。イチャついてもねぇし、惚気たいわけでもねぇ。


話が逸れたが、鬼嫁ちゃんのこと。


当たり前ですが可愛いです。(笑)

可愛いかどうかなんて好みだし、人それぞれの評価によるもんだけど、

まず可愛いと思わなければ興味もそんなに湧かないし、人を知るという事は言葉は悪いが「労力」を要する。

可愛いと思わなければ、深く知ろうって気にもならない。


当然可愛いんですが「あぁ、なるほどね。それでか…。」と言われるのがどうも許せねぇんですよ。


世の中、可愛い女の子なんか溢れてる。

掃いて捨てるほどいる。掃いて捨てるほどいるんですよ、ただ可愛いだけの女なんて。

可愛いく生まれたばっかりに持て囃されて、勘違いして価値を失った女が世に溢れてるんですよ。ホントくだらない。


とりあえず、今チヤホヤされているほどの価値は自分には無いんだと自覚して欲しいです。

騙されちゃいけない。そうやって皆あなたを陥れようとしてるんだよ。

美しく生まれてしまったばっかりに正当な評価がくだされない事は多い。ハンデが与えられているのか、はたまた背負っているのか…。


僕は「可愛いだけの女より尊敬できる光浦靖子を選ぶ」と昔から豪語してます。


本当に辟易してるし、荒んでしまいました。
僕にとっては本当にくだらない存在となってしまいました。


そこに現れた鬼嫁ちゃん。

自分が鬼嫁ちゃんを選び、遮二無二頑張ったのは、


彼女と接する事、彼女と過ごす時間が、

自分にとって、自分の人生において、かけがえの無い財産になると思ったからです。


彼女との時間が自分の人生を豊かにしてくれるからです。


そういう存在に出会えた事だけでも喜ばしい事なんですが、

奇跡的に向こうも僕でいいと言ってくれている。


別に謙ってるわけではありません。


奇しくも、堀川謙一の「謙」(へりくだる)っていう漢字が飛び出しましたが、そういう訳で言ってるわけではなく。


そんな鬼嫁ちゃんが僕を選んでくれて良かったなと。

愛想つかされないようにちゃんと生きないといけないな。と。


近々同棲が始まるので、落ち着いたら遊びに来てください。


【スナック鬼嫁ちゃん】
•チャージだけ頂きます。金額はお客様の懐具合に任せます。貯金箱を置いておくのでコソっと入れてください。

•ドリンクは梅酒くらいしかありません。持参でお願いします。

•食事は軽くつまむ程度の物で良ければ僕が作ります。

•鬼嫁ちゃんが帰れと言ったら帰ってもらいます。帰れと言われたテメェが悪い。

興味がある方は是非遊びに来てください。


客は選ぶが、仲良くなると金言を与えてくれると思います。


あでぃおす。

先日、11/19(火)に後楽園ホールにて「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント」が開幕しました。

d51485-2-751899-3

我が三迫ジムからは草野慎悟が出場。


前日に「明日セコンド誰がするんですか?」と何気なく聞きました。


「あっ、じゃあやりますか?やりましょう!!」と加藤チーフ。

いや、やりたくて聞いた訳じゃありませんよ!?

「堀川、お前やれ。」と横井トレーナーも乗っかりました。

軽いノリで決まってしまいました。

まぁ、ノリは軽いけども全然軽くない。


草野を担当する横井さんも無意味に僕を選んだわけではない、と勝手に思う。


何より、僕自身が草野に勝って欲しかった。精一杯サポートを、できる事をしよう。と。


結果は劇的な逆転KO勝利。

「はじめの一歩」を冠する大会で漫画みたいな試合。

後楽園ホールが沸き立ちました。

感動してしまいました。

草野のくせに…。感動してしまいました。(笑)


横井さん&加藤さん。そして情けない顔で根性見せた草野。

まさにチームの勝利。


ボクシングってこういう事なんだなって、横井さんに教えてもらった気がします。


あの日、後楽園ホールで、

あの勝利に寄り添っていられた事は本当に幸せな事です。


草野の人生の「ひとコマ」。

それを僕にとっても大きな「ひとコマ」として共有できたのは有り難いことで、自分にとって大きな財産です。


負けても負けても応援を続けた草野の応援団は普通じゃ得られない感動、興奮を味わった事でしょう。


セコンドにつかせてもらったからではなく、一選手として、皆様と同じ草野の仲間として、感謝の気持ちでいっぱいです。


ボクシングっていいな。ボクシングってすげぇな。


そう思えた試合でした。


FB_IMG_1574350128640


もし横井さんがセコンドにいなかったとしたら、きっと草野の心は早々に折れてKO負けしていたと思います。


そうなると草野は引退してしまったかもしれません。


次につながった事、これからも共に戦える事、そして応援を続けられる事、

それを当たり前だと思ってはいけない。


次はトーナメントの準決勝。優勝者には賞金100万円、

そして、

漫画「はじめの一歩」に登場する権利が与えられるそうです。


え…?

草野のくせに…?


許せん。(笑)


優勝するまでにボクサーとしても人としても、大きく成長しような!!


今のままでは無理…、ってか、

絶対に許せん!!(笑)


ぶえなすえるて。(Buena suerte=Good Luck的な奴)

再起宣言です。

わざわざ言うつもりは無かったんですが、ちょこちょこ「要るでしょ!!」という意見を頂きました。

自分の今後を一番気にしてくれているのは、ちょこちょこブログを覗きに来て頂いている方なのかも?と思いました。

まずはここに再起を宣言します。


宣言したところで来年の精密検査をクリアできなかったらアウトです。
自覚症状は無いのですが、毎年不安です。


再起する事に色々否定的な意見はあると思います。

が、自分とトレーナー、ジム関係者はここで辞めるべきではないという意見で一致しております。

なので、現役続行します。色々考えはしましたが、そんなに迷いませんでした。


後援会は消滅しました。

思ってた事をちょっとだけ言ったら批判され、いろんな人に否定され、嫌われ、損をしました。


僕は最初に言いました。皆の見てるとこでは言い合いしたくないと、

皆が見てる場での「なあなあ」のやり取りはできないと、

初めにちゃんと言ったのに引き摺り込まれました。


結果、多くの人から「ややこしい人間」というレッテルを貼り付けられました。

フェアじゃないよね。こっちは損をする事を覚悟しないとハッキリ言えない。

綺麗に終わって気持ちがスッキリするのはそっちだけなんだ。それを分かってねぇ。


望み通り「今まで応援ありがとうございました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」とだけ言って笑顔で去っても良かったのですが、


それは偽りの美徳ではなかろうか。


こっちは「それはできねぇよ。」と最初に言った。「生温いやり取りは御免だ。」と。


否定されて負の感情を投げつけられ、初めて気付く事もある。それをどう受け止めて生かすかです。


自分は間違った事は言ってないので後悔はありません。


言うべき事を言う、それでいい。

黙っていた方が賢い。そんな賢さ要らない。

損してようが、間違った生き方をしなかった。胸を張れ。と、自分に言い聞かす。(笑)


ただ、自分は黙ってる方が性に合ってる。

言ってスッキリするのも良いが…、

黙って耐えて…、

思いは忍ばせ…、


そうして、哀愁を漂わせるのも悪くない。漂うか知らんけど。(笑)


自分だけ言いたい事を言うのは卑怯だから、言いたい事は沢山あれどもう何も言うまい。


新たに後援会を発足させようという気もありません。そんなに尻軽じゃないし、くだらねぇ憶測を生む。

新しいサポートを求める事ですら、今の僕を悪者たらしめる。
有り難い申し出もお断りしなければいけない、そんな残念な立場となりました。


これからも応援を続けて頂けるなら嬉しいです。


離れる人間がいて当たり前の状況。


負ければよくある話で、去って行く人に対してはもう何の感情も抱く事はありません。


と、こうやって文字にしてしまうと簡単であっさり書けてしまうんですが、

批判的な感情を抱いた方に言いたいのは、貴方が思う何倍も悩んで考えて今の僕があるということ。


もう一度書きますが、離れる人に対しては何の感情もありません。

応援を続けてくださる方、新たに応援して頂ける方は有り難い存在です。


試合に負けて大きく変わりました。色々と。

今は一見悪いように見えますが、これで良かったんだと言える事にするだけ。


再起とはそういうこと。


自分らしく生きていきたい。

自分らしいボクシングを、自分らしい戦いをしたい。


世界へ、挑戦したい。それだけです。


ばもす!!(Vamos!!)

↑このページのトップヘ