2018年05月

試合結果、7RTKO勝ちでした。


会場まで観戦にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。


試合を作って頂いた関係者の皆様に感謝致します。


これからも応援よろしくお願い致します。

無事にパスしました。


あとは無事にリングに上がれるように、気をつけて過ごします。


応援よろしくお願いします。m(_ _)m

大阪の女。(笑)

(笑)って書いてますが、らしくない真面目な話です。


『女シリーズ』第3弾。大阪の女。


先月、京都で邂逅がありフィアンセができたと書いたんですが、そのすぐ後に大阪の女との出会いがありました。


今現在その女性とお付き合いさせて頂いています。(笑)

(笑)って書いてるけど真面目ですよ。


大真面目です。


「おい、堀川どういう事だてめぇ!?」と、お怒りなのはごもっともです。


「フィアンセがいながら彼女ができただと!?」

「しかも、ついこないだの話だっただろ!?」

「なんて贅沢な奴だ!!けしからん!!」

「女を誑かせやがって、許せん!!」


そんな、モテない男共のガヤが聞こえてきます。(笑)


かく言う私も5年ほど彼女がいませんでしたが、

5年ぶりに恋をしたわけです。



みんな知らないと思うから教えてあげよう。

5年ぶりに恋をすると身体がすんげ〜ビックリするんだぜ。(笑)


38歳になりいまだ現役のボクサー。
「鉄人」「達人」「苦労人」「レジェンド」「マエストロ」「大先生」「いぶし銀」「サムライ」「変わり者」「ど変態」「馬鹿」etc…、

そんな風に言われたり言われなかったり。

みんなきっと知らないと思うけど…、

そんなアラフォーのオッサンボクサーでも胸がキュンキュンするんだよ。文句あるか?かかって来い。(照)


まぁ、そんな自分には「もうあり得ない」と思っていた色恋沙汰。

現役の間は女なんて見向きもしないしされないと思っていましたが…。

本当にタイミングという物は大事な物で、

自分で思うのは「今だからこそ」なわけで。


フィアンセなる存在ができた事、

そのフィアンセから色々言われた事、

友達からも色々言われて来た事。

それが本当に大きいんですが、なんか他の事も色々含めて、

なんか色々なタイミングの良さで久しぶりに女性に興味を持ち、

好意を抱き、仲良くなり、好きになり…。

自分を捧げても良いんじゃないかと思える存在となり…。

素直じゃないはずの自分が少し素直になれたり、ちょっと甘えられたり…。


自分にとって、彼女は…

面白くて、刺激的で、難解で、

思えば愛おしく、苦しく、悩まされ、

時に楽しく、時に悲しく、時に辛く、

心を揺さぶられる唯一の存在となりました。


人には「頑固」と言われる僕ですが、彼女を前にすると自分を曲げざるをえず、

自分を省みる事を余儀なくされる。

僕に大切な事を教えてくれる存在となりました。


そんな、自分にとって大切なかけがえの無い存在ができました。


まだ会った事ないけどね。(爆)


眠れない夜の戯言…。ではありません。


あでぃおす。

『女シリーズ』第2弾、メキシコの女。


数年前、メキシコのとある宿で一人の女性と出会いました。

そこそこ仲良くなりました。


ある日、宿のテーブルで女と二人きり向かい合って話をする機会がありました。


男と女が向かい合えば、

そりゃあSMの話になるじゃないですか?


って、ならんか。(笑)

まぁ、なったわけですよ。


女「ワタシ、ドエムナノ…。」

堀「ボクハ、マダワカリマセン。ムズカシイデス…。」


僕がそう言うと、

女は僕の事をジ〜ッ…っと見つめて、何だか寂しげにこう言いました。


「アナタハ、エスジャナイワ…。」


残念ながら、僕を見つめても彼女の身体は反応しなかったみたいです。(笑)


と…まぁ、そんなよくある日常の一コマでした。


って、あんまり無いか。(笑)


皆さん、自分がSなのかMなのか分かっていますか?


僕はいまいちよく分かっていません。


Sではないと思っています。

が、ドSだと言う人もいます。

自分ではややMなのではないかと思ったりしますが。

Sっぽいところもあるのではないか?とも思います。


僕はイタズラというかイジワルが好きです。


でも、その真髄は


そうする事により、ちょっと怒られるのが好きなのかも知れません。(笑)


複雑ですな〜♪


結果、自分は『N』なのでは?なんて結論に至ったり。『N』とは、つまり「ニュートラル」ですね。


今も自分で分かっていません。

嗚呼、己を知る事の難しさよ…。


ちなみにその女性とは何にも無いですよ。本当に。


やっぱり、ブログ書くならこういうくだらないのが良いなぁ。


と思う、穏やかな日曜の朝です。


あでぃおす。

「応援」してもらえる事は有り難い。


会場までわざわざ足を運んで応援してくれる方には本当に感謝しています。


「行けないけど応援してます。」って言ってくれる人もいます。

うん、ありがとうございます。


でもね、批判を恐れず書くとそんな物は僕には届かない。


軽い言葉、そんな応援が届くほど甘くない。


そんな物を受信して力にかえる。そんな心の余裕も僕には無いし、そういう特殊能力も持ち合わせていません。


その言葉にはちゃんと「ありがとうございます」と笑顔で返すように努めて来ました。

『努めて』そうして来たんですよ。


毎回、試合後「おめでとう。次は行きたいな♪」なんて言うだけで、結局来ない人もいる。


そんな言葉に対して、いちいち「ありがとうございます」と応える事は、やっては来ましたが本当に人として正しいのか疑いしかありません。


本当に来たいけど来れない人は僕より本人が悲しそうにしてくれる。


そういう人の言葉は軽くないし、本当に心に響きます。心から感謝しています。


同じ言葉でも重みが全く違います。


こんな書き方だと来ない人に対する批判みたいで、凄く感じの悪い奴になってますね。(笑)


ちゃんと、自分が来てもらえないからダメなんだと思ってます。


見たいと思ってもらえるボクシングができていない。

見たいと思ってもらえる人間じゃない。

だから来てもらえない。


これから成長して、来てもらえる人間になります。

離れていった人間を悔しがらせたいと思っています。


自分達ボクサーにとって、

会場に足を運んで応援に来てもらえる事が、

何よりの宝で、


『支え』となります。


「心」の無い言葉など何の支えにもなりません。


言わないで頂きたいです。


たまには真面目な話を書かないとね。(笑)


あでぃおす。

↑このページのトップヘ