2018年08月

憧憬。
 
1535121114194



昔から奥田民生が好きなんです。


ゲイではないですよ。(笑) 


奥田民生さんと書いた方が良いとか思う人もいるのかもしれませんが、私にとっては奥田民生なのです。


モーツァルトさんって呼ぶ人あんまりいないでしょ?それと一緒とお考え頂けると喜びます。


こないだYouTube見てました。

千鳥の漫才から始まり、気付けば奥田民生のライブ映像を見てました。


https://youtu.be/5px_T6xKgy4


いや〜、かっけぇ〜。


ボクシングに人生かけて来た38歳オッサンボクサーに、


今更ながらギターで弾き語りたいと思わせる奥田民生。


奥田民生になりたい。(笑)


誰か僕にギターください。(笑)


自分で買わないところがダメだよね?(笑)


分かってるよ。


どうせ上手く弾き語れるようにならない。


でも、弾き語りたい。


高校生じゃねぇよ?38歳のオッサンボクサーに、

『弾き語りたい!!』

そう思わせてくれる奥田民生は凄い。


昔から好きなんですが、


また一段と好き度が増しました。


奥田民生の良さを、より分かる人間に成長して来たという事でしょう。


2004年10月30日
広島市民球場にて行われた「ひとり股旅スペシャル」。


当時、奥田民生39歳…。


今、堀川謙一38歳…、


情けない。(笑)


あでぃおす。

ゆき子。


ゆき子は頭が良い。

偏差値80いくつ(85とかだった気がする。)という数字を初めて見せてもらった時は衝撃を受けました。

ゆき子曰く「平均点が物凄い低い時に高得点を取るとそうなる。」との事。

つまりは、私達バカ共の仕業ですな〜♪(笑)


ゆき子は活動的である。

自分がメキシコで試合をした時、観戦するために仕事を休み、前後10日間ほどメキシコ一人旅を楽しんだゆき子。

もはや、僕の試合など「ついで」でしかなかったはずだ。(笑)


ゆき子は破天荒である。

北海道のマラソン大会で入賞の御褒美として鮭が丸々一本もらえると聞き、

「面白いな〜、欲しいな〜。」

そんなノリで出場し、きっちり入賞し鮭をゲットしたゆき子。

天晴れ!!


ゆき子は憂い無し。

僕でも知っているアメリカのコンピュータ関連製品の企業に勤めていたゆき子。

ある日、突然辞めて航空管制官に転身しました。

「なんで航空管制官?」と聞くと「面白そうだから」と言ったゆき子。

給料は半分くらい?半分以下?になりました。


自分とは全く違うそんなバイタリティ溢れるゆき子の事は、ほんのちょっとだけ?尊敬して…おり…ます。


私を振り回したゆき子。私に振り回される事の無かったゆき子。

そんなゆき子は私に多大なる影響を与えた女である。


最後に会ったのは何年前だろうか?

きっと今も変わらず破天荒に生きている事でしょう。


で…、

皆さんが気になっている、

『ゆき子とは私にとって何なのか?』


それはここでは言わない。


「おい、言えよ!!(怒)」って?

ムズムズするでしょ?

突如として、そういうプレイに付き合わされる事もあるのですよ。(笑)

やっぱりブログのタイトルを「ムズムズ♪けんいちズム★彡」にしたくなってきました。


お盆の帰省中、暇を持て余した昼下がりの戯れです。


どうしても気になる人は、私に会った時に直接「ゆき子って誰?」って聞いてみてください。

アナタだけにこっそりお答えします。(笑)


あでぃおす。

本日発売のボクシングマガジン(9月号)に記事を載せて頂きました。


1708979_o


書店へ急げ!!


僕もまだ読んでいません。


今晩、親友のケンタ君と一緒に車で京都へ帰省します。


皆さん、気をつけて帰りましょう。


あすたるえご。(Hasta Luego)

【台風一過】
台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。


子供の頃、『台風一家』だと思ってました。


台風が何個か連続して来る事だと思ってました。


「台風一家がやって来る!!」みたいな…。


それだけ。


あでぃおす。

同棲。


予定していたよりも一足早く同棲が始まりました。


先週、台風の日に彼女はやって来ました。

うちのあたりではちょうど台風の影響が最も強く、雨と風がとても強い時間に彼女はやって来ました。


僕と彼女の生活、どうなるか分かりません。


つまらないかもしれません。


僕は無口でただそこにいるだけ。きっと僕との生活はそんなに面白い物ではありません。


でも、勝手に楽しんでくれると嬉しいです。


あんまり感情を表に出さない彼女。


同棲は始まったけど色々分からない事も多く、これから知っていきたいと思います。


これからずっと一緒にいて欲しい。

これからずっと我が家を守って欲しい。


なんて思っているのはこちらのエゴで、


たまたま今は一緒にいてくれてはいますが、どうなるか分かりません。


一昨日、さっそく出て行きそうだったのを必死で引き留めました。


今は何処に出かけたのか…?


もしかしたらもう帰って来ないのかも…なんて考えたりもします。

悲しいけど…、


無事に笑顔で生きていってくれれば、それでいいです。


line_1532766392018


ヤモリ。


勝手に彼女と決めつけましたが、彼なのかもしれません。


夜行性らしいのでどっかに隠れて寝てるだけなら良いのですが…。


もし彼女にとって我が家が居心地良いなら、心安らぐ場所なら、ずっと一緒にいてくれるでしょう。


今度姿を見たら名前をつけようと思います。


ちなみに友達の家の金魚は「ひろみ」という名前で、名付けたのはまだちっちゃなお子さんでした。


なんで「ひろみ」なの?と聞くと、


「男でも女でもいいように」との事。


ちっちゃいのに…、頭良くね?(笑)


という事で、我が家のヤモリもオスメスどっちか分からないのでそういう名前にしよう。


あでぃおす。

↑このページのトップヘ